<各地方の語学学校について

ワーキングホリデーと職業研修

ドイツ語を学んでドイツで職業研修

2010年6月よりドイツのワーキングホリデイビザの募集要項が改定され、年齢、就労日数、申請場所の制限が緩和されました。ドイツでのワーホリがより身近になりました。
ドイツのパートナー校を通して、ワーホリ留学の方に職業研修先をご紹介しています。

研修先は、大学での専攻分野、お仕事での専門分野などを優先にご紹介しております。専門分野でのキャリアアップはもちろんのこと、ドイツ語習得によってその後の選択肢も広がります。

*ドイツでの職業研修に参加するためには、中級B1レベル以上のドイツ語力が必要です。ドイツ語の予備知識が全くない方が中級B1レベルに達する為には、最低でもドイツのドイツ語語学学校で6ヶ月間ドイツ語集中コースを履修する必要があります。

職業研修は、以下のパートナー校が提供しています:

学校名 所在地 条件、手数料
GLS ベルリン 600ユーロ
F+U ハイデルベルク 250ユーロ。4ヶ月前に申込み
CDC ベルリン、ミュンヘン、ケルン、
ラドルフツェル
中級レベルのドイツ語。600 ユーロ

*以上の情報は、学校へのアンケート、学校から配布された資料をもとに作成されておりますが、記載されている情報の最新情報
につきましては、弊社までご確認のうえお申し込みください。なお、当該確認を怠ったことによる問題につきましては、
ジャーマン・オフィス・トウキョウは一切責任を負いません。


ワーキングホリデービザとは

1年間滞在が可能で、滞在期間中(最大365日)就労することができるビザです。就労は義務ではありませんので、滞在中に旅行をしたり、語学学校でドイツ語を磨くこともできます。(ビザがない場合、ドイツには3ヶ月までしか滞在できません。)

ドイツへのワーキングホリデービザ申請について

2010年10月より、31歳の誕生日まで申請が可能になりました。また、在日ドイツ大使館のほかに、日本以外の国のドイツ大使館、領事館、またドイツ国内の外国人局でも申請が可能になりました。観光ビザで入国してからワーホリビザを申請することが可能になります。

ワーキングホリデービザを申請する際、ドイツ国内で有効な保険に加入している必要があります。日本で一般的に販売されている留学保険では、ビザ申請に必要な項目がカバーされていないことがあるため、ドイツの保険会社の保険に加入することをお勧めします。ステップイン保険(日本語サービスあり)


TOPへ